サンシュユ

a0220802_13505161.jpg

OLYMPUS E-3/ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5
神代植物園

江戸時代に朝鮮経由で漢種の種子が日本に持ち込まれ、
東京の小石川植物園と駒場薬園に植えられました。
生薬の漢名の山茱萸を音読みしてサンシュユと呼ばれています。
“茱萸”はグミのことで、山に生えるグミの意味です。
今では早春の黄色い花を観賞するために、
公園や庭木として多く植えられている花木です。。。
[PR]
by smart_smile | 2013-03-15 13:48 | My Dear Life
<< カタクリ マンサク >>